3月には梅を

4月には桜を

5月には御衣黄(黄緑色の桜)が開花するのを

毎年楽しみにしていたのですが、木の病気で御衣黄も、八重桜等も切られてしまいました。

 

そして、随分大きくなった楠(くすのき)も、

電線にあたって停電してしまうからと、この木も切ることに。

切るより先に、電線を補強することを考えなかったのでしょうか。

 

一戸建てに住んでいた主が亡くなり、

マンションを建てるために、

何十年と、もしかしたら100年以上生きていた木もあっという間に切り倒されてしまいました。

 

切ないです。

人間が住みやすければ、木も山も何でも切り壊していいのでしょうか。

地球温暖化も含め、自然からのしっぺ返しがすぐそこまできている気がしてなりません。

 

この現状が止められなくても、

太極拳や気功を通じて、人として誇れる生き方をしていきたいと思います。

 

  

 

一覧に戻る
ページトップへ